“不倫宣言”から半年…小泉今日子が豊原功輔と同棲開始か

公開日: 更新日:

 もうひとつ気になる事がある。2人の所属事務所は恵比寿の同じビル内にあるが、基本的に豊原が小泉のマンションに通い、あくまで同棲をしないことが2人の“けじめ”とみられていた。ところが最近、ついに同棲を始めたのではないかと噂されている。

 小泉はここ十数年、渋谷区屈指の高級住宅街にある広さ200平方メートル、家賃100万以上のマンションで一人暮らしをしてきた。ところが豊原が一人で住む自宅マンションから徒歩7~8分の場所にある賃貸マンションを新たに借りたことを今年3月に報じられた。ここは広さ120平方メートル、家賃は70万円以上のペントハウス。一人で2軒に暮らすには広すぎる。

「豊原も小泉と恋愛宣言してからCMやドラマの仕事がほとんどない状態となり、2人で一緒にいても注目されることが減りました。“けじめだ”“同棲はしない”と言うのは格好いいですが、高級マンションをいくつも借りたままだと家賃だけで毎月200万円近くかかります。そんな不経済なことをする理由は今更ありませんからね。小泉の新居が2人の事務所から近いことを考えても、同棲は十分ありえますね」(芸能ジャーナリスト・佐々木博之氏)

 小泉は6月に2019年末までの休業をブログで宣言した。アンチが増えたため、映画のプロモーションでバラエティー番組に出ても宣伝効果がそれほどあるとも思えない。このままキョンキョンがオワコンになってしまったら残念な話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  3. 3

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  4. 4

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  5. 5

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  6. 6

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る