小泉今日子の不倫報道で露呈 “スネに傷”MC宮根誠司の限界

公開日:

「番組を見て、ア然ボー然。司会者としてまともに取り扱えないのはいかがなものか。致命的と言わざるを得ません」

 こう一刀両断するのはコラムニストの桧山珠美氏。「Mr.サンデー」(フジテレビ系)のキャスターを務める宮根誠司(54)のMCにあるまじき発言を指摘しているのだが、さもありなん。

 4日の放送回で、俳優・豊原功補(52)との不倫愛をカミングアウトした女優・小泉今日子(52)を取り上げたのだが、宮根は冒頭のVTR振りを棒読みし、最後も「豊原さんの会見は何だったのか。小泉今日子さんを守る会見だったのでしょうか」とポツリ。“専売特許”である歯に衣着せぬ物言いはどこへやら。視聴者に丸投げしたのだった。

 しかも、5日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)にいたっては、番組で取り扱うこともなく完全スルー。人気アナウンサーだった有賀さつきさんの訃報があったとはいえ、元祖「ゲス不倫」に端を発し、連日手を替え品を替え、不倫ネタを取り扱ってきたことを考えたら不自然極まりないのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る