小泉今日子の不倫報道で露呈 “スネに傷”MC宮根誠司の限界

公開日:

「番組を見て、ア然ボー然。司会者としてまともに取り扱えないのはいかがなものか。致命的と言わざるを得ません」

 こう一刀両断するのはコラムニストの桧山珠美氏。「Mr.サンデー」(フジテレビ系)のキャスターを務める宮根誠司(54)のMCにあるまじき発言を指摘しているのだが、さもありなん。

 4日の放送回で、俳優・豊原功補(52)との不倫愛をカミングアウトした女優・小泉今日子(52)を取り上げたのだが、宮根は冒頭のVTR振りを棒読みし、最後も「豊原さんの会見は何だったのか。小泉今日子さんを守る会見だったのでしょうか」とポツリ。“専売特許”である歯に衣着せぬ物言いはどこへやら。視聴者に丸投げしたのだった。

 しかも、5日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)にいたっては、番組で取り扱うこともなく完全スルー。人気アナウンサーだった有賀さつきさんの訃報があったとはいえ、元祖「ゲス不倫」に端を発し、連日手を替え品を替え、不倫ネタを取り扱ってきたことを考えたら不自然極まりないのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る