• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小泉今日子の不倫報道で露呈 “スネに傷”MC宮根誠司の限界

「番組を見て、ア然ボー然。司会者としてまともに取り扱えないのはいかがなものか。致命的と言わざるを得ません」

 こう一刀両断するのはコラムニストの桧山珠美氏。「Mr.サンデー」(フジテレビ系)のキャスターを務める宮根誠司(54)のMCにあるまじき発言を指摘しているのだが、さもありなん。

 4日の放送回で、俳優・豊原功補(52)との不倫愛をカミングアウトした女優・小泉今日子(52)を取り上げたのだが、宮根は冒頭のVTR振りを棒読みし、最後も「豊原さんの会見は何だったのか。小泉今日子さんを守る会見だったのでしょうか」とポツリ。“専売特許”である歯に衣着せぬ物言いはどこへやら。視聴者に丸投げしたのだった。

 しかも、5日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)にいたっては、番組で取り扱うこともなく完全スルー。人気アナウンサーだった有賀さつきさんの訃報があったとはいえ、元祖「ゲス不倫」に端を発し、連日手を替え品を替え、不倫ネタを取り扱ってきたことを考えたら不自然極まりないのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る