髙嶋政宏さんに聞く 夫婦円満のための「変態道」の極意

公開日:

「変態をさらしてから、生きていくのがずいぶん楽になった」という。愛用の哺乳瓶にお茶を入れて飲み、豪快に鞭を振る。そんな髙嶋政宏さん(53)の姿に周囲は圧倒されるが、どこか羨ましさも感じてしまうだろう。SMとの出合いや楽しさをあけすけに語っている著書「変態紳士」(ぶんか社)も話題だ。

「マニアの目にしか触れないと思っていたら、一般の読者から『気持ちが軽くなった』という感想をもらったりします。すべての人間は自由ですから、法に触れたり人さまに迷惑をかけたりしなければ、趣味の世界に没頭してもいいんです」。ひとりでも楽しめて夫婦仲もうまくいく「変態道」を聞いた。

■SMショーは博多旅行のコースに

「普段じゃ味わえない、妖しくてなまめかしい緊張感も興奮につながるんじゃないかな。僕が見るショーは、責め師対M女、または女王様対M女で、M男は出てこないんです。全国的に条例が厳しくなっていますが、オススメは、博多・西中洲にある『キンキーボックス』です。夫婦で旅行に行って、屋台でおいしいものを食べたあとにピッタリ。『髙嶋さん行っているらしいよ』とネタにすれば誘いやすいでしょ? 鞭は、ウエストラインのベルトを狙って打つので、痛いというより、『やられちゃった』と楽しい感じ。希望者はやってもらえます。ただ、妻のシルビアは、僕がSNSの話をしているのに『いま、SMって言った?』と返してくるくらい嫌がっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る