芸歴34年の中山秀征さん 石原裕次郎から学んだ「絆」の世界

公開日: 更新日:

 精神科医の名越康文さんが長年親交のあるタレント、中山秀征さんの“知られざる一面”に迫ります。5歳の時にフィンガー5のとりこになり、この世界を目指した中山さん。芸歴34年の人気者となった今、改めて、石原裕次郎さんから学んだ「粋」の世界に思いを馳せます。

Dr名越さん(以下敬称略)石原裕次郎さんとの接点は?

中山秀征さん(同) 実際にお会いしたことはないんですが、20歳の時、若き日の裕次郎さんのVTRを見て風貌、声、仕草に一目ぼれしたんです。それから裕次郎さんの出演作品をすべて見るわけなんですが、憧れるあまりに深夜番組で、僕が主演・監督を務める「おいらは平成の裕次郎」というコーナーまでつくっちゃった。

名越 “裕次郎さん愛”に満ちあふれてますね。

中山 1994年に主演させていただいたドラマ「静かなるドン」は「太陽にほえろ!」シリーズと同じ放送枠で、放送前に裕次郎さんのご自宅にうかがいました。その時、まき子さんから裕次郎さんの形見のブルーのネクタイをいただき、それはもう感激しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る