芸歴34年の中山秀征さん 石原裕次郎から学んだ「絆」の世界

公開日: 更新日:

 精神科医の名越康文さんが長年親交のあるタレント、中山秀征さんの“知られざる一面”に迫ります。5歳の時にフィンガー5のとりこになり、この世界を目指した中山さん。芸歴34年の人気者となった今、改めて、石原裕次郎さんから学んだ「粋」の世界に思いを馳せます。

Dr名越さん(以下敬称略)石原裕次郎さんとの接点は?

中山秀征さん(同) 実際にお会いしたことはないんですが、20歳の時、若き日の裕次郎さんのVTRを見て風貌、声、仕草に一目ぼれしたんです。それから裕次郎さんの出演作品をすべて見るわけなんですが、憧れるあまりに深夜番組で、僕が主演・監督を務める「おいらは平成の裕次郎」というコーナーまでつくっちゃった。

名越 “裕次郎さん愛”に満ちあふれてますね。

中山 1994年に主演させていただいたドラマ「静かなるドン」は「太陽にほえろ!」シリーズと同じ放送枠で、放送前に裕次郎さんのご自宅にうかがいました。その時、まき子さんから裕次郎さんの形見のブルーのネクタイをいただき、それはもう感激しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る