小林恵美の引退にみる不景気 かつてハワイだった撮影も…

公開日:

「置かれている状況をみて、きちんと見切った」との声が上がる。88センチのFカップでグラビア界を彩ったタレント小林恵美(35)の引退。9月30日をもって所属事務所を退社したとブログでこのほど発表。「また新しい夢を見つけてそこに向かって頑張っていくためにも、35歳で一つの区切りをつけさせていただくことにしました」とその胸中を明かして話題だ。

 小林は青学在学中の2002年に巨乳タレントを多数輩出した「イエローキャブ」からデビュー。大磯ロングビーチキャンペーンガール、サッポロビールイメージガールなどに選ばれた他、フジテレビ系「志村けんのバカ殿様」などバラエティー番組に多数出演。しかしながら、ここ数年は仕事が減り、インターネットのオークションで洋服を売るなどしていたという。最近の小林のSNSには料理教室や高級ホテルでのランチ巡り、日帰りでの京都旅行などが書かれており、芸能界での目立った活動はなかったことをうかがわせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る