本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

村西監督の衛星放送事業進出でついに歯車が狂い始めた

公開日: 更新日:

「ロケットが打ち上がってもいないのに、なんであんなにお金使うんだろう。いろんな人たちから融通してもらっているんだけど、聞いているとなかなか大変なんだろうなと思いましたが、まさか潰れるとは……」

 野田義治が首をかしげた。

 村西とおる率いるダイヤモンド映像グループ作品群は、1990年時、AV市場の4割近くを独占するのではないかといわれた。

 野田がプロデューサーを務めるパワースポーツは、同じくダイヤモンド映像グループのひとつだったが、あくまでも脱がないイメージビデオの制作会社であり、AVとは一線を画していた。

 両社は代々木上原の小高い丘の洋館に存在した。イエローキャブというプロダクションの経営者でありながら野田は毎日、代々木上原の洋館を訪れ仕事をしてきた。

 世はバブル絶頂期、村西とおるとその周辺はバブル時代を代表するかのような豪勢な日々だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る