本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

「てめえ、この野郎!」桜樹ルイをAV出演させたと疑われ…

公開日: 更新日:

「あのとき、いきなり桜樹ルイがダイヤモンド映像から出すとなった。いままでタレントとして動いていたのに、なんでまた。へえ、こういう時代になったんだと思った」

 野田義治が回想する。

 アイドル活動をしてきた桜樹ルイは、ある日突然、業界一過激だった村西とおるのダイヤモンド映像に出演した。

 タイトル名は「ホジってください」。人をからかったような微妙なタイトルの名付け親は本作の監督、村西とおるであり、相手役まで務めた。

 桜樹ルイの大人の肉体と愛らしいマスクは、野田の言う、和顔に巨乳、という図式に似て、人心を得るにふさわしかった。

 村西とおるとホテルでセックスするシーンがメインの単調な作品だったが、アイドル的存在の桜樹ルイが真性性交した。アイドル系のタレントがAVに転身、というのはいまではさほど珍しいことではないが、1990年当時はごくまれだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る