YouTubeデビューにEテレ…田代まさし“復帰“の不安な前途

公開日: 更新日:

 過去に覚醒剤取締法違反で逮捕された経験を持つ元タレントの田代まさし(62)が6月14日、突如としてYouTubeチャンネル「田代まさし ブラックマーシー半生と反省を語る」を開設した。刑務所暮らしや芸能界の裏話などを、面白おかしく話す番組になるようだ。

「番組内では、クールスのリーダー佐藤秀光が、田代と共にトークを展開しています。クールスといえば、舘ひろし、岩城滉一、横山剣などを輩出した伝説のロックバンド。田代は佐藤のことを『兄貴』と呼んで、かなり慕っているようですね」(芸能プロ関係者)

 ブラックマーシーを視聴した芸能ライターのエリザベス松本氏はこう話す。

「田代さんはもともと滑舌が悪い上に、早口。それに加えて緊張もあったせいか、初回は言葉が不明瞭で、かなり聞き取りにくかった。でも、回を重ねるごとに改善されているようには思います。6月28日に公開された動画では、ダルクに行った経緯や、ダルクとはどんな場所なのかなどを熱心に語っていますよ。再生回数はいまのところ最高で10万回超えといったところですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    “バブル崩壊”の証拠画像!柔道「銀」のジョージア代表ご一行が東京タワーに出没

  6. 6

    “キツい顔”今田美桜は宝くじCMでコメディエンヌの才能を開花させた

  7. 7

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  8. 8

    【卓球】シングルス惨敗の要因は「Tリーグ」か…中国は徹底した防御策を敷いてきた

  9. 9

    抗体カクテル「ロナプリーブ」の実力は? 菅首相の唐突宣言で注目、新型コロナから国民を救えるのか 

  10. 10

    ワクチン前倒し要請はスルーされ…菅さんも河野さんも使えないったらないのだけれど

もっと見る