本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

再デビューした夏木マリを悩ませた“キャバレー回り”の苦労

公開日: 更新日:

「当時キャバレーが売れっ子歌手の一番のビジネス、銭儲けになったところですからね。いまでもそうですけど、テレビは宣伝、お金儲けするのは昼間の興行。なんとかショーっていうようなところにいかれるのがスジだったんです」

 野田義治がキャバレー全盛時代(1970年代前半)を回顧する。

 大和企画という中堅芸能プロダクションにスカウトされた野田は、中島淳子という本名でデビューしながら鳴かず飛ばずだった新人歌手の再スタートにつきあうことになった。野田はそのころディスコの支配人をやりながらステージで歌い演奏するバンド、歌手をブッキングし、さらにはジョー山中のいたフォー・ナイン・エースというGSの営業マネジャーを任されていた。現場をてきぱきと仕切る野田の働きぶりを見て、女性歌手の再スタートに付き添う現場マネジャーに向いていると思われたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る