本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

カメラマン・野村誠一「グラビアを見て2秒止まれば成功」

公開日: 更新日:

 堀江しのぶが「DELUXEマガジン」の表紙・グラビアを飾った1984年3月号は売り切れ、巨乳ブームのきっかけになり、勢いは収まらず、堀江しのぶ写真集まで刊行されることになった。

 野村誠一にはこだわりがあった。

「写真集っていったら自分はハードカバー以外は認めなかったんですよ。やっぱ格ですよね。他の雑誌と違ってちゃんとしたものが一番だという考えがあったんですよ」

 編集部は難色を示した。両者譲らない。

 すると編集長が、堀江しのぶ表紙のDELUXEマガジンを折り曲げた。

 野村誠一が証言する。

「担当編集が面白いこと言ったんですよ。“野村さんね、オレの考えはね、ハードカバーだと感触が伝わらない”って。こうやって、しのぶちゃんって(DELUXEマガジンを両手に持って何度も折り曲げ、抱える)やるんですよ。しのぶちゃんってやった弾力が読者に伝わるんだって言うわけですよ。それは衝撃的だった。そうか、そんな考えがあるんだと思ったから、ああって納得したんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る