田中みな実が大ヒット “美乳のカリスマ”で年収5000万円へ

公開日: 更新日:

 テレビ界で2020年もアゲアゲで大ブレーク必至と話題なのがフリーアナ……いや最近は女優としての活躍が定着している田中みな実(33)。

「今、来年4月期の新番組のキャスティング会議でいの一番に名前が挙がるのが田中です。すでにNHKを筆頭にTBS、日テレやテレ朝、テレ東、さらには関西準キー局などからオファーが殺到しています」(テレビ局関係者)

 つい数年前の田中を知る業界関係者は異口同音に「今の大ブレークぶりが信じられない」と口を揃える。古巣のTBSを退社したのは今から5年前。当時はTBS時代のぶりっ子キャラを引きずり、肝心のフリーアナとして、タレントとして、とてもじゃないがテレビ界では使いものにならなかったからだ。そんな田中が心機一転、勝負をかけたのがセクシー路線への転身だった。

「女性誌『an・an』(2017年9月)で“肘ブラセミヌード”を披露すると隠れ巨乳として一躍、脚光を浴びることになったんです。さらにテレビ&広告関係者を驚かせたのが彼女の支持層です。男性ばかりかと思ったら7割以上が女性だった。田中は“美乳のカリスマ”として多くの女性ファンを抱えているんです」(業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る