田中みな実が大ヒット “美乳のカリスマ”で年収5000万円へ

公開日: 更新日:

 テレビ界で2020年もアゲアゲで大ブレーク必至と話題なのがフリーアナ……いや最近は女優としての活躍が定着している田中みな実(33)。

「今、来年4月期の新番組のキャスティング会議でいの一番に名前が挙がるのが田中です。すでにNHKを筆頭にTBS、日テレやテレ朝、テレ東、さらには関西準キー局などからオファーが殺到しています」(テレビ局関係者)

 つい数年前の田中を知る業界関係者は異口同音に「今の大ブレークぶりが信じられない」と口を揃える。古巣のTBSを退社したのは今から5年前。当時はTBS時代のぶりっ子キャラを引きずり、肝心のフリーアナとして、タレントとして、とてもじゃないがテレビ界では使いものにならなかったからだ。そんな田中が心機一転、勝負をかけたのがセクシー路線への転身だった。

「女性誌『an・an』(2017年9月)で“肘ブラセミヌード”を披露すると隠れ巨乳として一躍、脚光を浴びることになったんです。さらにテレビ&広告関係者を驚かせたのが彼女の支持層です。男性ばかりかと思ったら7割以上が女性だった。田中は“美乳のカリスマ”として多くの女性ファンを抱えているんです」(業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  8. 8

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  9. 9

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

  10. 10

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る