復帰でも正念場…“色”がついた沢尻エリカの気になる今後

公開日: 更新日:

 自宅マンションで合成麻薬MDMAを所持したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた女優・沢尻エリカ被告(33)の初公判が31日午後、東京地裁で開かれ、沢尻被告は「間違いありません」と起訴内容を認め、「女優への復帰は考えていません。あまりに身勝手な行為によって、多くの方を裏切り傷つけてしまいました」などと述べた。

 沢尻被告に検察側は懲役1年6カ月を求刑。判決は2月6日に言い渡されるが、気になるのは沢尻被告の“その先”だ。

 沢尻被告が初公判で“女優引退宣言”をしたうえ、判決次第で状況も変わるとはいえ、「女性セブン」(2月13日号)も、〈異例の地上波“最速”復帰プラン!〉と題し、沢尻がヒロイン「帰蝶」を務める予定だったNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送が終わる〈今年の年末あたりの可能性もゼロではない〉などと報じている。

 その帰蝶には、代役に川口春奈(24)を立てたが、19日放送の初回の総合視聴率(リアルタイムかタイムシフトいずれかでの視聴を示す指標)は25.3%で、18年の「西郷どん」(21.9%)、19年の「いだてん」(20.3%)を超える好発進となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  2. 2

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  3. 3

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  4. 4

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  5. 5

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  6. 6

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    米倉涼子や柴咲コウが独立 “円満”強調と個人で活動の意図

もっと見る