復帰でも正念場…“色”がついた沢尻エリカの気になる今後

公開日: 更新日:

 自宅マンションで合成麻薬MDMAを所持したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた女優・沢尻エリカ被告(33)の初公判が31日午後、東京地裁で開かれ、沢尻被告は「間違いありません」と起訴内容を認め、「女優への復帰は考えていません。あまりに身勝手な行為によって、多くの方を裏切り傷つけてしまいました」などと述べた。

 沢尻被告に検察側は懲役1年6カ月を求刑。判決は2月6日に言い渡されるが、気になるのは沢尻被告の“その先”だ。

 沢尻被告が初公判で“女優引退宣言”をしたうえ、判決次第で状況も変わるとはいえ、「女性セブン」(2月13日号)も、〈異例の地上波“最速”復帰プラン!〉と題し、沢尻がヒロイン「帰蝶」を務める予定だったNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送が終わる〈今年の年末あたりの可能性もゼロではない〉などと報じている。

 その帰蝶には、代役に川口春奈(24)を立てたが、19日放送の初回の総合視聴率(リアルタイムかタイムシフトいずれかでの視聴を示す指標)は25.3%で、18年の「西郷どん」(21.9%)、19年の「いだてん」(20.3%)を超える好発進となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

もっと見る