復帰でも正念場…“色”がついた沢尻エリカの気になる今後

公開日: 更新日:

 自宅マンションで合成麻薬MDMAを所持したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた女優・沢尻エリカ被告(33)の初公判が31日午後、東京地裁で開かれ、沢尻被告は「間違いありません」と起訴内容を認め、「女優への復帰は考えていません。あまりに身勝手な行為によって、多くの方を裏切り傷つけてしまいました」などと述べた。

 沢尻被告に検察側は懲役1年6カ月を求刑。判決は2月6日に言い渡されるが、気になるのは沢尻被告の“その先”だ。

 沢尻被告が初公判で“女優引退宣言”をしたうえ、判決次第で状況も変わるとはいえ、「女性セブン」(2月13日号)も、〈異例の地上波“最速”復帰プラン!〉と題し、沢尻がヒロイン「帰蝶」を務める予定だったNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送が終わる〈今年の年末あたりの可能性もゼロではない〉などと報じている。

 その帰蝶には、代役に川口春奈(24)を立てたが、19日放送の初回の総合視聴率(リアルタイムかタイムシフトいずれかでの視聴を示す指標)は25.3%で、18年の「西郷どん」(21.9%)、19年の「いだてん」(20.3%)を超える好発進となった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか