佐々木希と離婚必至か 渡部建“セックス依存症”を識者指摘

公開日: 更新日:

■「セックス依存症の傾向が非常に強い」

 家族問題評論家の池内ひろ美氏は「セックス依存症的傾向が非常に強い」としてこう分析する。

「このタイプの男性の特徴は、射精さえすれば用はないという考えなので、女性に対しもろもろの侮辱的な行為をするのです。ただ、誰でもいいわけではないので、いわゆる風俗で解消するというわけではありません。佐々木希さんに似た、細身の美人を選んでいるのはそのためと考えられます。目的を達成するために女性へのアプローチは数も人一倍多く、その割に対価を払うのをよしとしない傾向が強いのも特徴で、簡単に呼び出せる女性を見抜く嗅覚も持ち合わせている。一方、佐々木さんの前では“年上の理解ある男性”を演じ、マメにアプローチして結婚されたのでしょう。複数人との浮気歴はあっても相手が1人なのは、本人なりのリスクマネジメントで“便利な相手”をしばらくキープして、新たな相手が見つかれば乗り換えるという形だったのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  2. 2

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  3. 3

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  4. 4

    五輪に“感染爆発ピーク”直撃…ワクチン神話の崩壊、G7会場周辺「2450%増」の凶報

  5. 5

    民放首位「ドラゴン桜」キンプリ髙橋海人効果で逃げ切りか

  6. 6

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  7. 7

    石原さとみ「恋ぷに」打ち切りで元カレ山ピーと再共演浮上

  8. 8

    菅首相が目論む「同期のため」解散 10.21任期満了で永年在職表彰の“贈り物”を画策

  9. 9

    嫌韓層を意識?河野ワクチン大臣の交差接種「日本はやらない」発言が信じられない

  10. 10

    「ドラゴン桜」最終回“最強の助っ人”は誰だ!ガッキー、山P…大穴は仲間由紀恵

もっと見る