松本潤は再放送“視聴率王” 加齢問題をかき消す名作の数々

公開日: 更新日:

 コロナ禍で再放送ドラマが話題だ。改めて視聴率王を実証したのはジャニーズ勢。

 嵐の大野智(39)主演、12年に放送した初の月9ドラマ「鍵のかかった部屋」(フジテレビ系)の「特別編」は、初回放送(5月11日)から3週連続で総合視聴率(世帯・個人)が横並びでトップを記録。テレビ離れが叫ばれて久しい現況で、2話は総合世帯視聴率が15・8%という驚異的な数字を叩き出している(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。大野演じる奇才の防犯オタク・榎本径が密室事件を解明していく痛快エンターテインメントで、29日に最終話を迎え、大野は、8年の歳月を経て再び再評価された。

 そんな大野に続く視聴率王が松本潤(36)だ。5月31日に16年4月期の主演ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASON1」(TBS系)がスタート。同じ週の6月3日には、嵐としてブレイク前に出演していた02年の学園ドラマ「ごくせん」(日本テレビ系)の第1シリーズが、「ごくせん2002特別編」(同)として放送された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る