北川昌弘
著者のコラム一覧
北川昌弘女性アイドル研究家

1988年の「NIPPONアイドル探偵団」(宝島社)出版を皮切りに、アイドルから若手女優まで、幅広く精通するアイドル研究の第一人者。研究データの収集・分析のため、精力的に芸能イベントで取材活動を続けている。

スレンダーグラドル船岡咲 エロ紐水着で大胆ベッドシーン

公開日: 更新日:

船岡咲(ふなおか・さき=27歳 T158、B76・W58・H82)

 2012年の日テレジェニックに選出され、2016年には「週刊プレイボーイ」(集英社)の小胸称賛「ちっぱい番付」で堂々の横綱に推挙されました。中学生時代から雑誌「ラブベリー」のモデルなど、ジュニアアイドル的活動もしていて、コチラ的にはアリスインプロジェクトなどの舞台出演でも何度も取材させてもらっていたのて、顔なじみの気分です。

 2019年はDVDのリリースがありませんでしたが、昨年(2020年)は「恋花咲く」(アイドルワン)を含めて3本もリリースし、グラドル活動はかなり積極的。「グラドル界スレンダー軍をけん引する存在」とDVDの宣伝文句にも書かれております。

 そして今回「恋花咲く」のイベント取材にもまさかのビキニ姿。水着姿を久しぶりに拝見でき感激で、ご紹介している次第です。あまり“ちっぱい”感はわかりにくい水着ですが、なんと300円で購入したようです。(詳しくはYouTube【船岡咲のさきっちょんねる】参照)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る