コブクロ黒田ドロ沼不倫 出版差し止め請求で“恥の上塗り”

公開日: 更新日:

 国民的デュオに不倫スキャンダル発覚だ。コブクロの“大きいほう”黒田俊介(44)が、2017年秋ごろに飲み会で知り合った当時20代後半の戸田恵梨香似のA子さんと不倫関係になっていたことを発売中の週刊文春が報じた。

 黒田は妻子ある既婚者。しかし、A子さんにのめり込んだ黒田は日に400通もLINEで甘い言葉のやりとりをするほどの仲に……。また住まいのある関西から東京へ行く際にはA子さんを同行させて高級ホテルで情事を楽しむなど関係はどんどん深くなっていったという。ところがささいなことからケンカが増えると黒田は急に冷淡に。不安を感じたA子さんがLINEのやりとりのコピーを黒田の自宅ポストに投函するという思い切った行動に出たところ、その後は黒田の代理人弁護士が登場。以後、A子さんはストーカー扱いされ、うつ病を患い、自殺未遂まで引き起こしてしまったという。

 自身の火遊びのツケというしかない展開に同情の余地は少ないが、異例なのは、黒田とAさんの関係を報じた週刊文春に対して出版物の差し止めを請求する「仮処分命令申立書」を今月10日に東京地裁に提出したことだろう。仮処分申請は翌11日に「差し止めの要件を充足していない」と却下されたそうだが、不倫の“尻ぬぐい”を司法に頼るような行為は恥の上塗り。ファンならずとも残念であり、大いに株を下げたことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった