著者のコラム一覧
荒井宏幸クイーンズ・アイ・クリニック院長

クイーンズ・アイ・クリニック院長。医学博士・眼科専門医。医療法人社団ライト理事長。みなとみらいアイクリニック主任執刀医。防衛医科大学校非常勤講師。

白内障手術…単焦点にするか、多焦点レンズにするか

公開日: 更新日:

 ここ数年、老眼矯正もできるとして注目されている「多焦点レンズ」。多焦点レンズが開発されたのは20年以上前のことで、遠くから近くまで複数の距離に焦点を合わせられる眼内レンズです。

 1995年、AMO社の「Array」という多焦点レンズが薬事承認されました。この時は遠くと近くに焦点を合わせられる2焦点レンズでしたが、2019年、Alcon社の「PanOptix」が国内初の3焦点レンズとして承認。遠く、中間、近くに焦点を合わせられることから、近眼用、老眼用ともに、日常生活で眼鏡がほぼ不要となりました。現在は複数のモデルの多焦点レンズが国内で承認されています。

 前回の本連載で紹介した単焦点レンズ、そして多焦点レンズはいずれも白内障治療のために開発されたものですが、近年は、老眼治療を目的に、白内障が進んでいなくても水晶体を多焦点レンズに替える手術を受ける方が増えています。

 ただ、多焦点レンズは患者さんの期待度が高い一方で、全ての患者さんが満足するわけではありません。多焦点レンズは単焦点レンズと比較すると見え方の鮮明さは甘くなります。ある一点のクリアさを考えると単焦点レンズに軍配が上がるといえるでしょう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる