楽天ファンの東北大教授も炎上…「酔ってツイート」は身を滅ぼす

公開日: 更新日:

 悪い人じゃなさそうだ。むしろ一緒にいると愉快な気分になれるかもしれない。毎年クリスマスは学生を自宅に招いて手料理を振る舞っているという。グラスを片手にワイワイとやるのが好きなのだろう。だが、ツイッターを甘く見てしまった。

 楽天ファンの50代半ばの東北大教授が、自身のツイッターに〈マー君は、神である。逆らうものは、地獄に落ちろ!〉〈神に逆らう不届きものめ! 千葉、滅びろ!〉などと書き込み、大学側から厳重注意された。

 この先生、発言を批判されると、〈楽しませてやってるのに、アホどもがwww。〉〈本当に、おバカの多さに驚いておる。ツイッターは、実に有効な社会測定器であるw。〉と反論。〈巨人相手なら、日本シリーズで勝っても負けても納得できますが、カープじゃねえwww。〉とノリノリだった。

 ところが、酔いがさめると一転して神妙になり、〈昨夜は、千葉の方々、ロッテファンの方々、広島の方々、カープファンの方々を傷つけるツイートを発しましたことを、深く反省し、ここに謝罪いたします〉〈昨夜は、深酔いしていましたが、一夜明けて改めて自身のツイートを見直し、自身の行為を恥ずかしく思っております。誠に申し訳ありませんでした〉と平謝りなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る