楽天ファンの東北大教授も炎上…「酔ってツイート」は身を滅ぼす

公開日:  更新日:

 悪い人じゃなさそうだ。むしろ一緒にいると愉快な気分になれるかもしれない。毎年クリスマスは学生を自宅に招いて手料理を振る舞っているという。グラスを片手にワイワイとやるのが好きなのだろう。だが、ツイッターを甘く見てしまった。

 楽天ファンの50代半ばの東北大教授が、自身のツイッターに〈マー君は、神である。逆らうものは、地獄に落ちろ!〉〈神に逆らう不届きものめ! 千葉、滅びろ!〉などと書き込み、大学側から厳重注意された。

 この先生、発言を批判されると、〈楽しませてやってるのに、アホどもがwww。〉〈本当に、おバカの多さに驚いておる。ツイッターは、実に有効な社会測定器であるw。〉と反論。〈巨人相手なら、日本シリーズで勝っても負けても納得できますが、カープじゃねえwww。〉とノリノリだった。

 ところが、酔いがさめると一転して神妙になり、〈昨夜は、千葉の方々、ロッテファンの方々、広島の方々、カープファンの方々を傷つけるツイートを発しましたことを、深く反省し、ここに謝罪いたします〉〈昨夜は、深酔いしていましたが、一夜明けて改めて自身のツイートを見直し、自身の行為を恥ずかしく思っております。誠に申し訳ありませんでした〉と平謝りなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る