楽天ファンの東北大教授も炎上…「酔ってツイート」は身を滅ぼす

公開日: 更新日:

 悪い人じゃなさそうだ。むしろ一緒にいると愉快な気分になれるかもしれない。毎年クリスマスは学生を自宅に招いて手料理を振る舞っているという。グラスを片手にワイワイとやるのが好きなのだろう。だが、ツイッターを甘く見てしまった。

 楽天ファンの50代半ばの東北大教授が、自身のツイッターに〈マー君は、神である。逆らうものは、地獄に落ちろ!〉〈神に逆らう不届きものめ! 千葉、滅びろ!〉などと書き込み、大学側から厳重注意された。

 この先生、発言を批判されると、〈楽しませてやってるのに、アホどもがwww。〉〈本当に、おバカの多さに驚いておる。ツイッターは、実に有効な社会測定器であるw。〉と反論。〈巨人相手なら、日本シリーズで勝っても負けても納得できますが、カープじゃねえwww。〉とノリノリだった。

 ところが、酔いがさめると一転して神妙になり、〈昨夜は、千葉の方々、ロッテファンの方々、広島の方々、カープファンの方々を傷つけるツイートを発しましたことを、深く反省し、ここに謝罪いたします〉〈昨夜は、深酔いしていましたが、一夜明けて改めて自身のツイートを見直し、自身の行為を恥ずかしく思っております。誠に申し訳ありませんでした〉と平謝りなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る