3000万円でリニューアル 「幸福駅」が再ブームの兆し!?

公開日: 更新日:

 ♪幸福行きを二枚ください 今度の汽車で出発します……。歌詞を読んだだけで頭の中にメロディーがよみがえる読者も多いだろう。

 70年代に大ブームを巻き起こした北海道の旧国鉄・広尾線の幸福駅(帯広市)が16日リニューアルオープンするので話題になっている。帯広市によると、以前から幸福駅を建て替える計画があり、今年の4月、市内の篤志家が3000万円を寄付してくれたため、この寄付金を駅舎の工事に使うことに決めたという。

「建設から57年が経過し、耐震補強工事も難しい状況のため、基礎工事をやり直しました。外壁などの材木は以前のものを使用しているので、外観や内装は70年代の雰囲気がちゃんと残っています」(帯広市観光課)

 幸福駅は73年にテレビ番組で紹介されて注目を浴び、翌74年に芹洋子が「愛の国から幸福へ」を歌ったことで、全国から観光客が詰め掛けた。愛国駅と幸福駅を結ぶ切符は74年だけで300万枚を販売、4年間で1000万枚に達した。ピーク時は年に200万人が訪れたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る