3000万円でリニューアル 「幸福駅」が再ブームの兆し!?

公開日:  更新日:

 ♪幸福行きを二枚ください 今度の汽車で出発します……。歌詞を読んだだけで頭の中にメロディーがよみがえる読者も多いだろう。

 70年代に大ブームを巻き起こした北海道の旧国鉄・広尾線の幸福駅(帯広市)が16日リニューアルオープンするので話題になっている。帯広市によると、以前から幸福駅を建て替える計画があり、今年の4月、市内の篤志家が3000万円を寄付してくれたため、この寄付金を駅舎の工事に使うことに決めたという。

「建設から57年が経過し、耐震補強工事も難しい状況のため、基礎工事をやり直しました。外壁などの材木は以前のものを使用しているので、外観や内装は70年代の雰囲気がちゃんと残っています」(帯広市観光課)

 幸福駅は73年にテレビ番組で紹介されて注目を浴び、翌74年に芹洋子が「愛の国から幸福へ」を歌ったことで、全国から観光客が詰め掛けた。愛国駅と幸福駅を結ぶ切符は74年だけで300万枚を販売、4年間で1000万枚に達した。ピーク時は年に200万人が訪れたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る