• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3000万円でリニューアル 「幸福駅」が再ブームの兆し!?

 ♪幸福行きを二枚ください 今度の汽車で出発します……。歌詞を読んだだけで頭の中にメロディーがよみがえる読者も多いだろう。

 70年代に大ブームを巻き起こした北海道の旧国鉄・広尾線の幸福駅(帯広市)が16日リニューアルオープンするので話題になっている。帯広市によると、以前から幸福駅を建て替える計画があり、今年の4月、市内の篤志家が3000万円を寄付してくれたため、この寄付金を駅舎の工事に使うことに決めたという。

「建設から57年が経過し、耐震補強工事も難しい状況のため、基礎工事をやり直しました。外壁などの材木は以前のものを使用しているので、外観や内装は70年代の雰囲気がちゃんと残っています」(帯広市観光課)

 幸福駅は73年にテレビ番組で紹介されて注目を浴び、翌74年に芹洋子が「愛の国から幸福へ」を歌ったことで、全国から観光客が詰め掛けた。愛国駅と幸福駅を結ぶ切符は74年だけで300万枚を販売、4年間で1000万枚に達した。ピーク時は年に200万人が訪れたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る