「後部座席シートベルト着用率」で分かる県民性

公開日:  更新日:

「お客さまの安全を守るため、シートベルトをお締めください」

 タクシーに乗ると、こんなアナウンスが聞こえてくる。08年に後部座席のシートベルト着用が義務づけられたが、実際はどうなのか。警察庁とJAF(日本自動車連盟)は20日、シートベルト着用の全国調査結果を発表した。

 後部座席の着用率は一般道で35%、高速道で68%だった。事故のリスクが高い高速道での着用率が高いのは当然としても、一般道での着用率が低い。これを47都道府県別にチェックし、トップ5とワースト5をチョイスしたのが記事末尾だ。それぞれの数字から、各県の特徴が見て取れるという。

 県民性に詳しい「ナンバーワン戦略研究所」代表の矢野新一氏が言う。
「着用率トップの群馬は女性ドライバーの比率が日本一です。女性はシートベルトをきちんとつける方が多く、数字を押し上げたのでしょう。鳥取は小学校の朝の読書率が全国一。勉強熱心で言われたことを忠実に守るので、県民性からは納得の2位です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る