「後部座席シートベルト着用率」で分かる県民性

公開日: 更新日:

「お客さまの安全を守るため、シートベルトをお締めください」

 タクシーに乗ると、こんなアナウンスが聞こえてくる。08年に後部座席のシートベルト着用が義務づけられたが、実際はどうなのか。警察庁とJAF(日本自動車連盟)は20日、シートベルト着用の全国調査結果を発表した。

 後部座席の着用率は一般道で35%、高速道で68%だった。事故のリスクが高い高速道での着用率が高いのは当然としても、一般道での着用率が低い。これを47都道府県別にチェックし、トップ5とワースト5をチョイスしたのが記事末尾だ。それぞれの数字から、各県の特徴が見て取れるという。

 県民性に詳しい「ナンバーワン戦略研究所」代表の矢野新一氏が言う。
「着用率トップの群馬は女性ドライバーの比率が日本一です。女性はシートベルトをきちんとつける方が多く、数字を押し上げたのでしょう。鳥取は小学校の朝の読書率が全国一。勉強熱心で言われたことを忠実に守るので、県民性からは納得の2位です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  5. 5

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  6. 6

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る