「後部座席シートベルト着用率」で分かる県民性

公開日:  更新日:

「お客さまの安全を守るため、シートベルトをお締めください」

 タクシーに乗ると、こんなアナウンスが聞こえてくる。08年に後部座席のシートベルト着用が義務づけられたが、実際はどうなのか。警察庁とJAF(日本自動車連盟)は20日、シートベルト着用の全国調査結果を発表した。

 後部座席の着用率は一般道で35%、高速道で68%だった。事故のリスクが高い高速道での着用率が高いのは当然としても、一般道での着用率が低い。これを47都道府県別にチェックし、トップ5とワースト5をチョイスしたのが記事末尾だ。それぞれの数字から、各県の特徴が見て取れるという。

 県民性に詳しい「ナンバーワン戦略研究所」代表の矢野新一氏が言う。
「着用率トップの群馬は女性ドライバーの比率が日本一です。女性はシートベルトをきちんとつける方が多く、数字を押し上げたのでしょう。鳥取は小学校の朝の読書率が全国一。勉強熱心で言われたことを忠実に守るので、県民性からは納得の2位です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る