舌がん手術で静養3週間 甘利経済再生相の気になる“病状”

公開日:  更新日:

 甘利明経済再生担当相が12日、舌がんの手術を受けた。同氏が舌がんを公表したのは今月5日のこと。数週間前から舌に異常を感じ、2日に入院して精密検査を受けたところ、「早期の舌がん」が見つかったと明かしていた。

 舌がんはどんな病気なのか。医学博士の米山公啓氏に聞いた。
「舌の側面に白斑というしこりができます。初期の場合は小指の先ほどの大きさで、痛みもありません。口内炎は軟らかいけど、舌がんの白斑は硬いのが特徴。口の中なので“変だな”と気づくのが早く、咽頭がんや喉頭がんに比べると早期で発見されることが多いのです。早期の場合は放射線治療でなく、がんを部分切除するのが一般的です」

 部分切除であれば、言葉はしゃべれる。心配なのはがんは初期でもまれに転移するケースがあること。舌がんの場合、喉のがんに転移することが多く、血管を通じて肺などに転移する可能性も否定できないという。がんが進行している場合や手術後に再発した場合は、舌を全摘出することもある。喉のがんに転移したため声帯を切除する人もいる。

 甘利氏は手術後2週間程度入院し、その後は1週間程度自宅で静養するというが……。
「早期の舌がんだと手術は数時間で終わり、1週間以内に職場に復帰するのが普通です。3週間の静養は少し長いと思います」(米山公啓氏)

 果たして大丈夫か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る