日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

政権に激震 検査入院した甘利経財相の“本当の病状”

 2日朝、甘利経済再生相(64)が体調不良を訴え、「検査」のために3~4日の日程で入院した。政界はこの話題で持ちきりだ。

「甘利大臣が担当するTPPの年内妥結に向けた閣僚会合が7日からシンガポールで開かれます。臨時国会も会期末の大詰めで、こんな時期に突然、検査入院なんて通常では考えられない。それに、検査だけで3日も4日もかかるでしょうか。難航するTPP交渉から逃げたという仮病説から、本当に深刻な状態だという説まで、噂が噂を呼んでいます」(官邸担当記者)

 TPP閣僚会合への出席は、検査結果を見て判断するという。出席するなら、6日に日本を発たなければならないが、ドクターストップがかかる可能性があるということだ。5日には、消費税アップに合わせた経済対策の取りまとめもある。この担当者も甘利だ。

■狭心症の発作で緊急手術か

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事