泥まみれ日用品に“家族の歴史”…災害ボランティア体験記

公開日: 更新日:

 船内でがれきや土砂の除去作業用に購入した安全靴に履き替えてきた。ゴム手袋、防塵マスク、ゴーグルも都内のホームセンターで買い揃えた。準備は万全だ。
 受け付けを済ませ、班分けされて、徒歩でそれぞれの現場に向かう。記者の班は、「サークルの合宿で大島にお世話になったからボランティアに来た」という都内の大学生たちや、地元高校生たち総勢20人ほど。

■ここに再び住めるのか?

 約10分でゆるい斜面にある民家が、泥に押し流されかかったまま残っている場所にたどり着く。家財道具も壁や床も押し流され、周囲には傾きかかった家も。その中の一軒。築100年以上の木造家屋は、すでに床板が外され、泥の搬出はほぼ終了していた。残りの細かな部分の泥の除去と壁掃除が、この日の作業だ。

 日頃はぐうたらの息子が、予想以上に手際よく泥を拭きとる。記者も女子大生・女子高生たちとおしゃべりしながら壁掃除。途中から、地袋にたまった泥をかき出す作業に移った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  2. 2

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  3. 3

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  4. 4

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  5. 5

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  6. 6

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  7. 7

    マネジャー20人交代…友近に浮上したパワハラ疑惑の行方

  8. 8

    天皇陛下以外が過去の戦争に反省の言葉を発しなかった理由

  9. 9

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  10. 10

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る