有楽町火災の教訓…自宅の「ショート」「漏電」これだけのリスク

公開日: 更新日:

 新幹線や山手線が止まる騒動になった有楽町の火事。東京消防庁などが現場のパチンコ店を実況見分したところ、水槽の電気配線がショートしており、ここが火元とみられている。

 消防庁は「まだ調査中なので詳しくは話せません」と言うが、気になるのは自分の家がショートや漏電などで火事になる危険性だ。関東電気保安協会によると、家の中に水槽などがある場合、電気コードのプラグやコンセントに水がかかり、左右の電線に通電して火花が発生する可能性があるという。

 もちろん水回り以外の場所も、危険がいっぱいだ。

「一番多いのが、冷蔵庫などのプラグを長年コンセントに差し込みっぱなしにしているうちに、湿気やホコリがたまり左右の穴の電気が通じ合う現象です。“トラッキング現象”といって、コンセントが炭化し、火を噴く恐れがあります。複数のプラグが差せるテーブルタップにハロゲンヒーターやホットカーペットなどを接続すると、電気量の限度を超えてタップのコードが熱を持ち、火が出ることもあります」(同協会広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る