• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

有楽町火災の教訓…自宅の「ショート」「漏電」これだけのリスク

 新幹線や山手線が止まる騒動になった有楽町の火事。東京消防庁などが現場のパチンコ店を実況見分したところ、水槽の電気配線がショートしており、ここが火元とみられている。

 消防庁は「まだ調査中なので詳しくは話せません」と言うが、気になるのは自分の家がショートや漏電などで火事になる危険性だ。関東電気保安協会によると、家の中に水槽などがある場合、電気コードのプラグやコンセントに水がかかり、左右の電線に通電して火花が発生する可能性があるという。

 もちろん水回り以外の場所も、危険がいっぱいだ。

「一番多いのが、冷蔵庫などのプラグを長年コンセントに差し込みっぱなしにしているうちに、湿気やホコリがたまり左右の穴の電気が通じ合う現象です。“トラッキング現象”といって、コンセントが炭化し、火を噴く恐れがあります。複数のプラグが差せるテーブルタップにハロゲンヒーターやホットカーペットなどを接続すると、電気量の限度を超えてタップのコードが熱を持ち、火が出ることもあります」(同協会広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る