11年連続「庭園日本一」に輝いた島根・足立美術館のスゴさ

公開日:  更新日:

 島根県安来市の足立美術館が、米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の日本庭園ランキングで第1位に選ばれた。

 国内約900カ所の日本庭園から、庭園美、建物との調和、職員の対応などを総合的に評価したというが、同美術館のトップは、03年以来なんと11年連続だ。いったい何がスゴイのか。

「美術館の周囲には枯山水庭、白砂青松庭、苔庭などの広大な庭園が6つもあり、庭園総面積は16万5000平方メートルで、東京ドームの約3.5倍というケタ違いのスケール。どの庭も、季節ごとにさまざまな表情を見せるのが魅力です」(美術関係者)

 美術館は、大阪で財を成した地元出身の実業家・足立全康が、昭和45年に創設した。横山大観をはじめ、明治以降の日本近代絵画約1300点が収蔵されている。庭園は、全康が平成2年に91歳で亡くなるまで、ほぼひとりで全国から松や石を集めて完成させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る