• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

11年連続「庭園日本一」に輝いた島根・足立美術館のスゴさ

投稿日:  更新日:

 島根県安来市の足立美術館が、米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の日本庭園ランキングで第1位に選ばれた。

 国内約900カ所の日本庭園から、庭園美、建物との調和、職員の対応などを総合的に評価したというが、同美術館のトップは、03年以来なんと11年連続だ。いったい何がスゴイのか。

「美術館の周囲には枯山水庭、白砂青松庭、苔庭などの広大な庭園が6つもあり、庭園総面積は16万5000平方メートルで、東京ドームの約3.5倍というケタ違いのスケール。どの庭も、季節ごとにさまざまな表情を見せるのが魅力です」(美術関係者)

 美術館は、大阪で財を成した地元出身の実業家・足立全康が、昭和45年に創設した。横山大観をはじめ、明治以降の日本近代絵画約1300点が収蔵されている。庭園は、全康が平成2年に91歳で亡くなるまで、ほぼひとりで全国から松や石を集めて完成させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る