ハゼやボラが釣れ、コイが泳ぐ<浅草橋>

公開日: 更新日:

 浅草橋を渡り神田川に沿って歩くと、プンと磯の香りがした。プーラプラとかすかに揺れる屋形船を眺めているだけで、“遠くに来た気分”。

 柳橋たもとにある「季節の佃煮 小松屋」4代目の秋元治さんが「この辺りは随分変わりました」と話してくれた。

「一時は神田川も汚れていて、潮が引くとメタンガスの臭いがしたもんです。でもその後、浄化作戦が取られ、本当にきれいになりました。今ではハゼやボラが釣れ、コイが泳ぎ、臭いなんてことはまったくありません」

 現在の佃煮屋の建物は創業以来ずっと変わらないまま。秋元さんは釣り船もやっていて、いとこは屋形船。

「屋形船は問屋の旦那衆ら裕福な人が乗るものだったけど、今は大型の船が出来、一般の人も楽しめるようになった。当時の感覚でいうと、3分の1から4分の1くらいの金額で乗れるようになったんじゃないかな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る