沖縄島んちゅの熱き心よ

公開日:  更新日:

<島 飯田橋>

 東京のお伊勢さまこと、縁結びの神様として人気の東京大神宮のお膝元、飯田橋は富士見の一角に歩を進める。目指すは昭和36年創業の沖縄料理店「島」である。

 引き戸を開ければ、三線の音色が響き、エイサー踊りでお出迎え……とはならない。テーブルが整然と並び、らしいといえば、棚の上の壺屋焼のシーサーくらい。島んちゅの通う現地の定食屋のようだ。

 テーブルに座り、とりあえずと沖縄の定番、オリオンビールの生を550円で。軽い喉越しを楽しみ、プッハーと昼間の疲れにおさらばする。そしてジョッキ片手に店内を見渡せば、壁に飾られた額に目が留まる。「不屈」とある色紙、その脇に1枚の写真。女将の山本文江さんから声がかかった。
「ご存じかしら。瀬長亀次郎って。沖縄の本土返還運動に奔走した政治家で、沖縄の英雄なんですよ。それは生前、ご本人が書かれた色紙。うちは昔、沖縄返還同盟の活動家たちの拠点でもあったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る