4月から3割減 「食品セシウム検査」縮小がはらむリスク

公開日: 更新日:

■半減期30年、濃度は上下を繰り返す

「チェルノブイリ事故後、ウクライナの汚染地域では、放射性セシウムが3~5年は順調に減っていました。データに基づけば、日本も今が底だと考えられます。しかし、原因は分かっていませんが、ウクライナでは、いったん減った後、どの食品でも必ず何倍かまで戻っているのです。そもそも『セシウム137』の半減期は30年ですから、検査品目の除外は早すぎます。セシウム濃度は上がったり下がったりを繰り返して、徐々に減っていく。現在の陸上の汚染状況も考え、少なくとも岩手から静岡、山梨、長野あたりまでの範囲では、これまで通りの監視を続けるべきでしょう」

 今回、水産物のアンコウやアジ、ウニも検査対象から外れたが、「原発の汚染水問題で分かるように、海は毎日のように汚染されている。放射性物質がどうやって拡散されるのか、メカニズムすら分かっていない。検査除外は論外ですね」(小若順一氏)と憤る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

もっと見る