消費税8%でも…これから「値下がり」「値崩れ」商品リスト

公開日:  更新日:

 4月1日。ついに1日から消費税率がアップした。買い物の後に税率8%の文字をレシートで確認し、気がめいった庶民も少なくないはずだ。こうなったら自分で生活防衛するしかない。負担増地獄に負けない「知恵」と「裏技」を1日から毎日、お伝えする。1回目は「これから値下がりする商品」。

 増税直前に消費者が駆け込み購入に走った反動で、4月は買い控えによる需要の落ち込みが必至。そのため、消費喚起のセールや値引きが、大々的に展開されそうだ。そこで、これから値下がり確実な商品をラインアップしてみた。

 まずは家電。月刊誌「家電批評」編集長の柴田崇志氏は「消費税アップ分より、新製品導入による旧型製品の値下がり分の方が、はるかに金額が大きい」と話す。同誌が過去2年分のデータから、値下がりや底値を調べた結果が別表の通りだ。

 洗濯機、冷蔵庫、テレビは、夏商戦前が狙い目。ビデオカメラは、年末年始に発売されたモデルがGWに買い頃を迎える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る