• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

意識を奪われた<大久保一丁目>

 明日、知人が韓国に居を移す。十数年間、大久保に住み、この街の移り変わりを見てきた彼は「最近、なんだか日本が……」と言葉を濁した。

 その彼と大久保で会うと、必ずあちらこちらを歩き回り、「あそこにある店は、韓国人の★さんが関係していて」「この辺りの家賃はとても高騰していて」「あの建物は、本当は別の物を造りたかったのだけど、途中、建築基準法で不可能なことが判明して」など、大久保ネットワークに所属している彼だからこそ分かる“現地事情”を説明してくれた。
 今から思うと誠にもったいないことだが、上の空で聞いていたので、ほとんどの話を覚えていない。ひとりで歩いている時は意識したことがなかった、大久保に住む韓国の方々の生活風景が目に飛び込んでくるようで、そっちに意識を奪われていたからだ。

 自転車に食料品をいっぱい載せてヨタヨタ走っているオバチャンが、前方に見知った顔を見つけて、「ナントカナントカッ!」と韓国語で話しかける。そのまま立ち止まり、身ぶり手ぶりおしゃべりに花を咲かせている姿は、高校時代によく見た風景とそっくり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る