意識を奪われた<大久保一丁目>

公開日:  更新日:

 明日、知人が韓国に居を移す。十数年間、大久保に住み、この街の移り変わりを見てきた彼は「最近、なんだか日本が……」と言葉を濁した。

 その彼と大久保で会うと、必ずあちらこちらを歩き回り、「あそこにある店は、韓国人の★さんが関係していて」「この辺りの家賃はとても高騰していて」「あの建物は、本当は別の物を造りたかったのだけど、途中、建築基準法で不可能なことが判明して」など、大久保ネットワークに所属している彼だからこそ分かる“現地事情”を説明してくれた。
 今から思うと誠にもったいないことだが、上の空で聞いていたので、ほとんどの話を覚えていない。ひとりで歩いている時は意識したことがなかった、大久保に住む韓国の方々の生活風景が目に飛び込んでくるようで、そっちに意識を奪われていたからだ。

 自転車に食料品をいっぱい載せてヨタヨタ走っているオバチャンが、前方に見知った顔を見つけて、「ナントカナントカッ!」と韓国語で話しかける。そのまま立ち止まり、身ぶり手ぶりおしゃべりに花を咲かせている姿は、高校時代によく見た風景とそっくり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る