理想は遠藤 先輩社員が新人に求める「ひたむきチャレンジ」

公開日:  更新日:

 6勝9敗――。
 先月の大相撲春場所で数字の上では負け越したが、この力士の一番一番は大いに注目された。入門7場所目で前頭筆頭にスピード出世した遠藤(追手風)だ。まだマゲが結えないザンバラ髪がトレードマーク。流血も恐れない闘志あふれる相撲で、土俵狭しと暴れ回り前半戦を引っ張った。現在、23歳。会社なら大卒2年目社員か。いや、今年の新入社員にも同年齢が多いはずだ。彼らを見て、願わくば「遠藤みたいに育って欲しい…」。そう感じた上司の皆サンはきっと多いはず。なぜならば――。

■ひたむき

「血が流れなくてよかった」
 8日目、同世代のライバル大砂嵐(22=エジプト出身)を22秒余りの熱戦の末、突き落としで仕留めてのセリフ。実は初日の鶴竜戦で左眉の上と左こめかみ付近から流血して以来、激しいツッパリ合いなどで何度となく血を流していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る