理想は遠藤 先輩社員が新人に求める「ひたむきチャレンジ」

公開日:  更新日:

 6勝9敗――。
 先月の大相撲春場所で数字の上では負け越したが、この力士の一番一番は大いに注目された。入門7場所目で前頭筆頭にスピード出世した遠藤(追手風)だ。まだマゲが結えないザンバラ髪がトレードマーク。流血も恐れない闘志あふれる相撲で、土俵狭しと暴れ回り前半戦を引っ張った。現在、23歳。会社なら大卒2年目社員か。いや、今年の新入社員にも同年齢が多いはずだ。彼らを見て、願わくば「遠藤みたいに育って欲しい…」。そう感じた上司の皆サンはきっと多いはず。なぜならば――。

■ひたむき

「血が流れなくてよかった」
 8日目、同世代のライバル大砂嵐(22=エジプト出身)を22秒余りの熱戦の末、突き落としで仕留めてのセリフ。実は初日の鶴竜戦で左眉の上と左こめかみ付近から流血して以来、激しいツッパリ合いなどで何度となく血を流していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る