新年度 デキる男に見せるネクタイ選び

公開日: 更新日:

 もうすぐ入社式。新入社員の方は、初めてのネクタイに気が引き締まる思いでしょう。
 今のネクタイのルーツは、17世紀に仏軍で活躍したクロアチア兵の防寒用マフラー。フランスでは今でもネクタイ全般のことを“クロアチア人の”という意味の「クラバット」と呼びます。これが19世紀に結び目部分を強調した「蝶ネクタイ」と、ぶら下げる部分の「結び下げタイ」に分かれました。

 さて、デキる男に見えるネクタイのポイントは色です。歴代のアメリカ大統領は、大事な演説の時には真っ赤なネクタイを締めます。これは“パワー・タイ”といって、顔色を明るくし、力強く見せる効果があります。

 一方、青いネクタイは冷静さ、緑色はクリーンさを演出できます。自分の演出したい個性に応じて、色を選んでみるといいでしょう。

■力強く見せるのは赤無地

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  5. 5

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  6. 6

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  7. 7

    GoTo予算1兆円は“死に金” それでも菅首相が撤回しない理由

  8. 8

    2000万回再生の復讐動画!浮気男の部屋にラメパウダーを…

  9. 9

    三田寛子“梨園ゴッドマザー”襲名 芝翫の不倫にまた神対応

  10. 10

    東京五輪ゴリ押し開催は金のため…菅総理には中止こそ悪夢

もっと見る