防犯カメラはダミーでOK 空き巣は「侵入5分以上」で諦める

公開日: 更新日:

 警察庁の統計によると、昨年一年間の侵入窃盗の認知件数は10万7467件。そのうち、空き巣などの「住宅対象侵入窃盗件数」は5万7891件である。その被害件数の4割近くが一戸建てだ。これでも年々、同種の犯罪件数が少しずつ減少しているというが、その件数の多さに驚かされる。1人暮らし、あるいは夫婦だけの2人住まい。特に体力や機敏性に衰えが目立つシニア層に、防犯グッズは欠かせない。

 東京・池袋にある「東急ハンズ」の4階には「防犯機器類」がズラリと並ぶ。

「防犯カメラシステム」、「防犯ダミーカメラ」、「サッシ用補助錠」(窓が開かない)、「窓ロック」、「窓防止フィルム」(ガラスが破れにくい)、「野外センサーライト」(夜間、人が近づくと自動点滅する)、「自動車窃盗警報機器」、「手動セキュリティーアラーム」(防犯ブザー)……フロア担当者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る