防犯カメラはダミーでOK 空き巣は「侵入5分以上」で諦める

公開日:  更新日:

 警察庁の統計によると、昨年一年間の侵入窃盗の認知件数は10万7467件。そのうち、空き巣などの「住宅対象侵入窃盗件数」は5万7891件である。その被害件数の4割近くが一戸建てだ。これでも年々、同種の犯罪件数が少しずつ減少しているというが、その件数の多さに驚かされる。1人暮らし、あるいは夫婦だけの2人住まい。特に体力や機敏性に衰えが目立つシニア層に、防犯グッズは欠かせない。

 東京・池袋にある「東急ハンズ」の4階には「防犯機器類」がズラリと並ぶ。

「防犯カメラシステム」、「防犯ダミーカメラ」、「サッシ用補助錠」(窓が開かない)、「窓ロック」、「窓防止フィルム」(ガラスが破れにくい)、「野外センサーライト」(夜間、人が近づくと自動点滅する)、「自動車窃盗警報機器」、「手動セキュリティーアラーム」(防犯ブザー)……フロア担当者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る