意外に知らない自治体独自の「助成金」(東京23区編)

公開日:  更新日:

 消費税アップで一般的なサラリーマン世帯は年間5万~6万円も負担が増える。切り詰めに切り詰めた家計は節約も限界状態。それだけに、役所からいただけるものは、ガメつくもらっておこう。

 社会保険労務士で「国からもらえるお金の本」(角川SSC新書)の著者・井戸美枝氏が言う。
「自治体の助成金があります。特に子育て世代やマイホームをお持ちの方は、申請をするだけでかなりの負担減に。税金で取られた分は税金で取り返しましょう」

 住宅ローン控除や児童手当など国で一律に行っている助成は結構知られているが、自治体で独自に行っているものについては意外に知られていない。

「積極的に広報していないこともあり、知られていないものがほとんど。もちろん、自ら申請しないともらえません」(井戸氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る