日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【大東建託】夏のボーナスが楽しみ

「消費増税前の駆け込み需要もあって業績は順調です。増税後も賃貸住宅建設のニーズは高く、追い風になっています。今から夏のボーナスが楽しみですよ」

 こう語るのは、Yさん(41)。14年3月期の決算は売上高約1兆2600億円。経常利益・純利益ともに6期連続で過去最高を更新した。同社に限らず、住宅業界は低金利もあって着工件数が年々増加し活況だ。

 同社のボーナスは営業成績などに大きく左右されるものの、全体的に毎年上がっている。

 Yさんの12年のボーナスは年間約200万円だったが、13年は230万円にアップした。支給額は例年、冬より夏が高いが、この夏は140万円以上ほしいという。

 課長代理のYさんの月給は約57万円。昨年の年収は約920万円だった。この年齢でこの年収は、大企業でも平均以上だが、この年収を維持できるとは限らないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事