バブル組の子供世代「自動ブレーキ型」新入社員は超保守傾向

公開日: 更新日:

 今年の新入社員は「自動ブレーキ型」だという。命名した日本生産性本部によると、「何事も安全運転の傾向がある。人を傷つけない安心感はあるが、どこか馬力不足」なんだとか。

 そんな新人たちはサラリーマンとしての意識も保守的だ。日本能率協会が実施した「会社や社会に対する意識調査」で、「定年まで勤めたい」と回答した新入社員は、99年の調査開始以来、初めて半数を超えた。最も低かった02年は18.7%だったが、今年は50.7%に達している。

「08年のリーマン・ショックを境に考え方がガラリと変わりました。<定年まで勤めたい>とする比率が急速に高まり、保守的な傾向が顕著になっています」(日本能率協会経営・人材センターの海老原紀枝氏)

「海外赴任したくない」という新人は2年連続で増加。こちらも57.7%と過半数を占めた。赴任したくない理由のトップは、「治安や食生活、衛生面で不安を感じるから」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る