気鋭マーケッターが直言「『さとり世代』は“階層化”の落とし子です」

公開日: 更新日:

 酒を飲まない、車にも乗らない、海外旅行にも興味ない、彼女も欲しくない……。何事も“ほどほど”で満足し、悟りの境地に達したような今の若者たちを呼称する「さとり世代」という言葉が、盛んにメディアで取り上げられている。おじさん世代は「覇気がない」「やる気が見えない」「それで楽しいの?」と小言をいいたくなるが、そんな若者が増えているのが現実。日本は一体、どうなるのか……。先日、「さとり世代―盗んだバイクで走り出さない若者たち」を上梓。NHKや民放のニュース、情報番組に引っ張りだこの博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー、原田曜平氏(36)に話を聞いた。

「堅実で高望みしない若者たちを言い表す『さとり世代』ですが、結論からいえば『さとったふう世代』。だいたい、知識も経験も少ない若者が悟れるはずがありません。にもかかわらず、悟ったようにクールなのは、社会からそのような態度を強制されている側面が強いと思います。最大の要因は長引く不景気とソーシャルメディアの発達です。もし、今がバブル時代なら若者だってもっと楽しいことをしているに決まっていますよ。『さとり世代』は不景気の落とし子という見方もできます。でも、現実はソーシャルメディアで人間関係はがんじがらめ。村社会のように目立った行動はできません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  10. 10

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

もっと見る