• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

川崎では11人が…「居所不明児童」は全国に数万人いる!?

カウントされない子供たちも

 男児の白骨遺体が見つかった厚木市(神奈川)で新たに、昨年4月に小学校入学予定だった女児が所在不明になっていることが分かった。川崎市でも、11人の所在が不明だという。一体どうなっているのか?

 こうした「居所不明児童」の存在は、昨年2月に大阪市東住吉区に住所登録のある女児(当時6歳)が行方不明になった事件で大きく報じられ、行政のチェックの甘さが指摘されたばかり。文科省によると、住民票がありながら1年以上居所不明の小中学生は全国に705人いるという(13年度)。12年度は976人、11年度は1191人と統計上は年々減っているが、これは数字の“トリック”だ。

「児童の住民登録は、居住実態がないと行政の“職権”で削除できる。それを受けて教育委員会は『学齢簿』から児童の記録を消す。いなかったことにして帳尻を合わせる。だから本当のところは分からない」(文科省事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る