川崎では11人が…「居所不明児童」は全国に数万人いる!?

公開日: 更新日:

カウントされない子供たちも

 男児の白骨遺体が見つかった厚木市(神奈川)で新たに、昨年4月に小学校入学予定だった女児が所在不明になっていることが分かった。川崎市でも、11人の所在が不明だという。一体どうなっているのか?

 こうした「居所不明児童」の存在は、昨年2月に大阪市東住吉区に住所登録のある女児(当時6歳)が行方不明になった事件で大きく報じられ、行政のチェックの甘さが指摘されたばかり。文科省によると、住民票がありながら1年以上居所不明の小中学生は全国に705人いるという(13年度)。12年度は976人、11年度は1191人と統計上は年々減っているが、これは数字の“トリック”だ。

「児童の住民登録は、居住実態がないと行政の“職権”で削除できる。それを受けて教育委員会は『学齢簿』から児童の記録を消す。いなかったことにして帳尻を合わせる。だから本当のところは分からない」(文科省事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

もっと見る