よく残っていたなぁ<元麻布>

公開日: 更新日:

 ドラえもんの「どこでもドア」を使ったのかというくらい、これまでの景色と全く違う。住所は元麻布。

 大学生時代、神戸市長田区の長屋のおばあちゃん家によく遊びに行った。何もかもが古くて、木のドアは開けるたびにガタガタいった。洗濯物が何日も外に干されていないと、「おばあちゃん、体の具合どや?」と隣近所の人が様子を見に行くほど、つきあいが密だった。うらやましかった。

 あの感じを瞬時に思い出した。あの懐かしい風景が麻布に残っているのだ。窓越しに、何かを炒めているような音が聞こえ、ついニンマリしてしまった。エプロン姿のおばちゃん2人が立ち話。そういうのも、ここに来るまでは見かけなかった。
【世田谷散歩人 和田町夫】

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  5. 5

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る