【サミット】売り場ごとの評価で年長パートもやる気

公開日:  更新日:

「消費税引き上げで売り上げも落ちるのではと不安でしたが、うちは食品がメーンですし、順調です。おかげで今年のボーナスも去年と変わらない水準ですし、経営も安定しているのが魅力です」

 こう語るのは首都圏で100店舗以上を展開する食品スーパー、サミットのYさん(36)。消費税アップ後も堅調な経営が続いているという。住友商事100%出資の会社であり、給与制度も公正公平をモットーに00年以降、実力主義を導入。シニアパート職は70歳定年を導入している。

「店舗ごと、売り場ごとの実績が評価されるために皆必死で働いています。私より年長のパートさんもたくさんいますが、他店より売り上げが高いと従業員全員で祝福しあいますし、チームワークは良いほうです」

 販売のチーフを務めるYさんの月給は約36万円。この中には妻と子ども2人の家族手当3万円が含まれている。今年夏のボーナスは約75万円。昨冬は約100万円。年収は600万円超で、同じ流通業では、大企業の平均的水準だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る