【サミット】売り場ごとの評価で年長パートもやる気

公開日: 更新日:

「消費税引き上げで売り上げも落ちるのではと不安でしたが、うちは食品がメーンですし、順調です。おかげで今年のボーナスも去年と変わらない水準ですし、経営も安定しているのが魅力です」

 こう語るのは首都圏で100店舗以上を展開する食品スーパー、サミットのYさん(36)。消費税アップ後も堅調な経営が続いているという。住友商事100%出資の会社であり、給与制度も公正公平をモットーに00年以降、実力主義を導入。シニアパート職は70歳定年を導入している。

「店舗ごと、売り場ごとの実績が評価されるために皆必死で働いています。私より年長のパートさんもたくさんいますが、他店より売り上げが高いと従業員全員で祝福しあいますし、チームワークは良いほうです」

 販売のチーフを務めるYさんの月給は約36万円。この中には妻と子ども2人の家族手当3万円が含まれている。今年夏のボーナスは約75万円。昨冬は約100万円。年収は600万円超で、同じ流通業では、大企業の平均的水準だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  11. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る