【サミット】売り場ごとの評価で年長パートもやる気

公開日: 更新日:

「消費税引き上げで売り上げも落ちるのではと不安でしたが、うちは食品がメーンですし、順調です。おかげで今年のボーナスも去年と変わらない水準ですし、経営も安定しているのが魅力です」

 こう語るのは首都圏で100店舗以上を展開する食品スーパー、サミットのYさん(36)。消費税アップ後も堅調な経営が続いているという。住友商事100%出資の会社であり、給与制度も公正公平をモットーに00年以降、実力主義を導入。シニアパート職は70歳定年を導入している。

「店舗ごと、売り場ごとの実績が評価されるために皆必死で働いています。私より年長のパートさんもたくさんいますが、他店より売り上げが高いと従業員全員で祝福しあいますし、チームワークは良いほうです」

 販売のチーフを務めるYさんの月給は約36万円。この中には妻と子ども2人の家族手当3万円が含まれている。今年夏のボーナスは約75万円。昨冬は約100万円。年収は600万円超で、同じ流通業では、大企業の平均的水準だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る