博士号ナシでOK 「社会人教授」を実現するライフスタイル

公開日: 更新日:

 サラリーマン時代に積んだキャリアを生かして、定年前後に大学教授に転身──。
 こんな夢を抱く人々は少なくない。博士号ナシでも論文を書いてなくても教員になれる、いわゆる“社会人教授”だ。NHK記者から売れっ子キャスターへ、そして東工大の教授に転身を遂げた池上彰氏などは、その典型だろう。

 大学数の増加とともに社会人教授の数は増えており、我々サラリーマンにもチャンスはある。何から準備するのがベストかというと──。

「社会人教授になるために何より大事な資質は、知的な“好奇心”だ」と言うのは、今月初めに「サラリーマンのための大学教授の資格」(VNC)を上梓した千葉商科大学教授の松野弘氏だ。

 松野氏は電通、パイオニアを経て、43歳で大学教員生活を始めた社会人教授のひとり。名誉のために付け加えておくが「博士」号も持っている。その先達が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  8. 8

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    71年に夫と失踪 園田トシ子さんはイ・スンオクと名乗る

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る