博士号ナシでOK 「社会人教授」を実現するライフスタイル

公開日:  更新日:

 サラリーマン時代に積んだキャリアを生かして、定年前後に大学教授に転身──。
 こんな夢を抱く人々は少なくない。博士号ナシでも論文を書いてなくても教員になれる、いわゆる“社会人教授”だ。NHK記者から売れっ子キャスターへ、そして東工大の教授に転身を遂げた池上彰氏などは、その典型だろう。

 大学数の増加とともに社会人教授の数は増えており、我々サラリーマンにもチャンスはある。何から準備するのがベストかというと──。

「社会人教授になるために何より大事な資質は、知的な“好奇心”だ」と言うのは、今月初めに「サラリーマンのための大学教授の資格」(VNC)を上梓した千葉商科大学教授の松野弘氏だ。

 松野氏は電通、パイオニアを経て、43歳で大学教員生活を始めた社会人教授のひとり。名誉のために付け加えておくが「博士」号も持っている。その先達が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る