博士号ナシでOK 「社会人教授」を実現するライフスタイル

公開日:  更新日:

 サラリーマン時代に積んだキャリアを生かして、定年前後に大学教授に転身──。
 こんな夢を抱く人々は少なくない。博士号ナシでも論文を書いてなくても教員になれる、いわゆる“社会人教授”だ。NHK記者から売れっ子キャスターへ、そして東工大の教授に転身を遂げた池上彰氏などは、その典型だろう。

 大学数の増加とともに社会人教授の数は増えており、我々サラリーマンにもチャンスはある。何から準備するのがベストかというと──。

「社会人教授になるために何より大事な資質は、知的な“好奇心”だ」と言うのは、今月初めに「サラリーマンのための大学教授の資格」(VNC)を上梓した千葉商科大学教授の松野弘氏だ。

 松野氏は電通、パイオニアを経て、43歳で大学教員生活を始めた社会人教授のひとり。名誉のために付け加えておくが「博士」号も持っている。その先達が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る