チュートリアル徳井がハマった日本蕎麦をつけ麺風に味わう「つけ蕎麦安土」

公開日: 更新日:

 つけ麺のスープで日本蕎麦を味わう――そんな邪道にあえて挑戦し、絶大な支持を集めている店がある。「つけ蕎麦安土」はラーメン激戦区の高田馬場に店を構える一風変わった蕎麦屋。ひきたて、打ちたて、茹でたてという本格的な“3たて蕎麦”を鶏がらベースのオリジナルスープで味わう“つけ蕎麦”でブレーク。食事時には行列ができる人気店だ。

 オープンは07年。折しも“つけ麺ブーム”だった当時、日本蕎麦を持ち込む斬新さで大いに注目を集めた。とはいえ、日本蕎麦とつけ麺は本来まったく異なるもの。「両者のバランスを整えるのは簡単ではなかった」とスタッフは振り返る。

「ラーメン屋が出すようなスープをそのまま使ったのでは、当然、日本蕎麦には合いません。そこで魚介だしをきかせ、返し醤油を用いるなどしてスープを和風テイストに。蕎麦自体も通常よりコシを強くして、麺とスープが歩み寄るよう、改良を重ねたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

もっと見る