チュートリアル徳井がハマった日本蕎麦をつけ麺風に味わう「つけ蕎麦安土」

公開日:  更新日:

 つけ麺のスープで日本蕎麦を味わう――そんな邪道にあえて挑戦し、絶大な支持を集めている店がある。「つけ蕎麦安土」はラーメン激戦区の高田馬場に店を構える一風変わった蕎麦屋。ひきたて、打ちたて、茹でたてという本格的な“3たて蕎麦”を鶏がらベースのオリジナルスープで味わう“つけ蕎麦”でブレーク。食事時には行列ができる人気店だ。

 オープンは07年。折しも“つけ麺ブーム”だった当時、日本蕎麦を持ち込む斬新さで大いに注目を集めた。とはいえ、日本蕎麦とつけ麺は本来まったく異なるもの。「両者のバランスを整えるのは簡単ではなかった」とスタッフは振り返る。

「ラーメン屋が出すようなスープをそのまま使ったのでは、当然、日本蕎麦には合いません。そこで魚介だしをきかせ、返し醤油を用いるなどしてスープを和風テイストに。蕎麦自体も通常よりコシを強くして、麺とスープが歩み寄るよう、改良を重ねたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る