ストレス解消も ヤル気の特効薬「達成感」味わってますか?

公開日:  更新日:

「やった~!」の叫び声が聞こえてきそうな羽生選手のガッツポーズ。今年2月、ソチ冬季五輪で日本男子フィギュアスケート初の金メダルを決定づける演技を終えた瞬間だ。小さいころから日々練習に励み、世界の頂点を極めた少年の“達成感”はいかばかりだったか。

 最近、達成感を味わってるだろうか? 羽生選手の例は別格として、たとえば3カ月通い続けて契約にこぎつけた、初めてハーフマラソンを完走した……など。大きな目標をやり遂げ、満足した気分を味わうことは脳に好影響を与えるという。

 諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授(脳システム論)が言う。
「達成感を感じて満足した気分になると、脳の腹側被蓋野をスタートとし腹側線条体などに向かうドーパミン神経が活動を増し、ヤル気に関わる線条体の活動が高まります。線条体はヤル気の中核ですから、達成感を感じることは“ヤル気を起こす”ことや、“生き生きした気持ちになる”ことにプラスになり得るのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る