• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ストレス解消も ヤル気の特効薬「達成感」味わってますか?

「やった~!」の叫び声が聞こえてきそうな羽生選手のガッツポーズ。今年2月、ソチ冬季五輪で日本男子フィギュアスケート初の金メダルを決定づける演技を終えた瞬間だ。小さいころから日々練習に励み、世界の頂点を極めた少年の“達成感”はいかばかりだったか。

 最近、達成感を味わってるだろうか? 羽生選手の例は別格として、たとえば3カ月通い続けて契約にこぎつけた、初めてハーフマラソンを完走した……など。大きな目標をやり遂げ、満足した気分を味わうことは脳に好影響を与えるという。

 諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授(脳システム論)が言う。
「達成感を感じて満足した気分になると、脳の腹側被蓋野をスタートとし腹側線条体などに向かうドーパミン神経が活動を増し、ヤル気に関わる線条体の活動が高まります。線条体はヤル気の中核ですから、達成感を感じることは“ヤル気を起こす”ことや、“生き生きした気持ちになる”ことにプラスになり得るのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る