ヤル気も能率もアップ! ラブレターに驚きの「脳トレ効果」

公開日: 更新日:

 3月14日はホワイトデー。バレンタインデーにチョコをもらった男性が、“お返し”をする日だ。チョコかスイーツか…。悩んでいるなら、本命には思い切ってラブレターを書いてみるのも手。好きな女性に手紙で愛を告白――。

 この一見、気恥ずかしい作業が、実は脳トレになり、ヤル気を引き出し仕事の能率をアップさせるという。

 その理由を、脳科学に詳しい諏訪東京理科大の篠原菊紀教授が解説する。
「ラブレターを書く際、相手を“好きである”状態がずっと維持されるので、ヤル気や意欲に関わる脳の線条体の活動が高い状態に保たれます。人は年を取るとなかなか意欲が湧きにくく(線条体の活動が上がりにくく)なりますが、恋心を抱くと線条体の活動が高まり、意欲を出しやすくなるのです」

 会社の書類や年賀状を機械的に何枚書いてもこうはいかない。いま一番好きな女を口説くための手紙だからこそ効果があるのだ。さらに篠原教授は、“脳トレ効果”について話を続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る