ヤル気も能率もアップ! ラブレターに驚きの「脳トレ効果」

公開日: 更新日:

 3月14日はホワイトデー。バレンタインデーにチョコをもらった男性が、“お返し”をする日だ。チョコかスイーツか…。悩んでいるなら、本命には思い切ってラブレターを書いてみるのも手。好きな女性に手紙で愛を告白――。

 この一見、気恥ずかしい作業が、実は脳トレになり、ヤル気を引き出し仕事の能率をアップさせるという。

 その理由を、脳科学に詳しい諏訪東京理科大の篠原菊紀教授が解説する。
「ラブレターを書く際、相手を“好きである”状態がずっと維持されるので、ヤル気や意欲に関わる脳の線条体の活動が高い状態に保たれます。人は年を取るとなかなか意欲が湧きにくく(線条体の活動が上がりにくく)なりますが、恋心を抱くと線条体の活動が高まり、意欲を出しやすくなるのです」

 会社の書類や年賀状を機械的に何枚書いてもこうはいかない。いま一番好きな女を口説くための手紙だからこそ効果があるのだ。さらに篠原教授は、“脳トレ効果”について話を続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  3. 3

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  4. 4

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  5. 5

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  6. 6

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  7. 7

    新制度開始直前 前代未聞だった「全高長」の導入延期要請

  8. 8

    経済を揺るがす関電問題&前厚労政務官口利き疑惑も追及を

  9. 9

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  10. 10

    原監督のセDH制導入には大賛成だが…タイミングが悪すぎた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る