ヤル気も能率もアップ! ラブレターに驚きの「脳トレ効果」

公開日:  更新日:

 3月14日はホワイトデー。バレンタインデーにチョコをもらった男性が、“お返し”をする日だ。チョコかスイーツか…。悩んでいるなら、本命には思い切ってラブレターを書いてみるのも手。好きな女性に手紙で愛を告白――。

 この一見、気恥ずかしい作業が、実は脳トレになり、ヤル気を引き出し仕事の能率をアップさせるという。

 その理由を、脳科学に詳しい諏訪東京理科大の篠原菊紀教授が解説する。
「ラブレターを書く際、相手を“好きである”状態がずっと維持されるので、ヤル気や意欲に関わる脳の線条体の活動が高い状態に保たれます。人は年を取るとなかなか意欲が湧きにくく(線条体の活動が上がりにくく)なりますが、恋心を抱くと線条体の活動が高まり、意欲を出しやすくなるのです」

 会社の書類や年賀状を機械的に何枚書いてもこうはいかない。いま一番好きな女を口説くための手紙だからこそ効果があるのだ。さらに篠原教授は、“脳トレ効果”について話を続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る