ジョブズも使用制限 スマホ依存の子どもに必要なのは自然力

公開日: 更新日:

 ジョブズは、子どもに携帯やタブレットを使わせなかった――。先日、NYタイムズにこんな記事が掲載された。ジョブズはアイフォーンやアイパッドの“生みの親”だが、小さいうちからハイテク機器に触れさせる危険性を重視し、子どもの使用を制限していたという。

 ジョブズは、何を恐れたのか。
 初等教育の専門家で、大阪産業大客員教授の八幡義雄氏が言う。
「今の小学生は、大人みたいに人間関係をキープしようとする意識が強い。だから、自分の感情をストレートに表現しようとしません。自然力が失われているのです。ジョブズは、そんな子どものコミュニケーション能力への悪影響を危惧したのではないか」

 小6の携帯・スマホ所有率は平均約53%で、中3では平均約8割にアップする。それで子どもたちに普及したのが、ラインやツイッターなどのSNS。彼らはこれらを使い、友達の友達に次から次へとつながっていく。つながりの大きさや数を重視するあまり、必要以上に“関係”をキープしようとする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る