デング熱に打ち勝つ! 「蚊に刺されないカラダ」の作り方

公開日:  更新日:

 デング熱の勢いが止まらない。全国の感染者は70人以上に広がり、環境省は7日、“震源地”の代々木公園に続いて新宿御苑を閉鎖した。

 デング熱蔓延の犯人は「ヒトスジシマカ」だ。“やぶ蚊”の一種で、感染者を刺したあと別の人間を刺して感染を拡大させる。
 感染から身を守るために知っておきたいのが「蚊が好む体質」だ。世の中には蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいる。どこで差がつくのか。

 熱帯医学に詳しい東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎氏が言う。
「蚊は人間の体が発するものに引き寄せられて血を吸いにきます。一番の目印が口から吐く炭酸ガスと汗。スポーツをしている人や新陳代謝が活発な若者は、炭酸ガスと汗の量が多いため蚊を寄せ付けてしまうのです。お酒を飲んでいる人がよく刺されるのは、蚊がアルコールに含まれるアセトアルデヒドのにおいに集まるから。刺されやすさに男女差はありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る