中国でも感染急増…観光客来日で“強力デング熱”上陸の恐怖

公開日: 更新日:

 全国に感染者が拡大している「デング熱」。先週、厚労省は感染者数141人と発表したが、まだまだ騒ぎは終わりそうにない。

 気がかりなのは中国の“パンデミック”だ。広東省では先週までに4800人のデング熱感染者が確認された。ギョッとするのは拡大のスピードで、この2週間で感染者は3655人も増えたという。

 昨年、来日した中国人観光客は131万人。この10年間に約3倍に増えたわけだが、心配なのは10月1日から中国版ゴールデンウイークの「国慶節」が始まることだ。7日間の大型連休となり、中国人旅行者が大挙して日本に押し寄せるのは間違いない。

 熱帯の感染症に詳しい東京医科歯科大名誉教授・藤田紘一郎氏が言う。
「デング熱に感染したことに気が付かずに日本に来る中国人観光客もいるでしょう。デング熱の潜伏期間は通常3~7日間ですが、発症まで2週間近くかかる場合もあるからです。ウイルスを媒介するヒトスジシマカはまだ活動しています。日本もこれまで以上のペースで感染者が増えるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る