• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

デング熱対策 虫よけスプレー選びのポイントは“この成分”

 デング熱拡大で虫よけスプレーや殺虫剤の品薄状態が続いているが、見境なく買ってはいけない。国立感染症研究所は、「ディート」(虫よけ化合物)を配合した蚊の忌避剤を推奨しているが、各社の商品によって配合濃度にバラつきがある。

「海外では30%を超す配合量の商品も販売されてますが、日本では肌荒れなどの恐れがあるとして、薬事法で12%の配合までしか認められていません。濃度が高いほど蚊の忌避効果は高くなりますが、今回、代々木公園周辺で見つかったデングウイルスを持つヒトスジシマカは、5%程度の濃度でも近寄ってきません。肌の弱い人や幼児などは、あえて薄めの虫よけを購入するという手もあります」(サイエンスジャーナリスト・中川基氏)

■海外でも愛好される蚊取り線香のパワー

 購入前にはパッケージの成分表示をよく読むこと。そこに配合量がパーセンテージで示されてある。上限の12%を求めるなら、医薬品の「ムヒ・虫よけムシペールα」(池田模範堂)、「サラテクトFA」(アース製薬)、「メンターム虫バイバイEX」(近江兄弟社)などがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  8. 8

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

もっと見る