デング熱対策 虫よけスプレー選びのポイントは“この成分”

公開日: 更新日:

 デング熱拡大で虫よけスプレーや殺虫剤の品薄状態が続いているが、見境なく買ってはいけない。国立感染症研究所は、「ディート」(虫よけ化合物)を配合した蚊の忌避剤を推奨しているが、各社の商品によって配合濃度にバラつきがある。

「海外では30%を超す配合量の商品も販売されてますが、日本では肌荒れなどの恐れがあるとして、薬事法で12%の配合までしか認められていません。濃度が高いほど蚊の忌避効果は高くなりますが、今回、代々木公園周辺で見つかったデングウイルスを持つヒトスジシマカは、5%程度の濃度でも近寄ってきません。肌の弱い人や幼児などは、あえて薄めの虫よけを購入するという手もあります」(サイエンスジャーナリスト・中川基氏)

■海外でも愛好される蚊取り線香のパワー

 購入前にはパッケージの成分表示をよく読むこと。そこに配合量がパーセンテージで示されてある。上限の12%を求めるなら、医薬品の「ムヒ・虫よけムシペールα」(池田模範堂)、「サラテクトFA」(アース製薬)、「メンターム虫バイバイEX」(近江兄弟社)などがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る