雲仙・普賢岳で指揮 元島原市長・鐘ケ江管一氏に聞く「噴火」

公開日: 更新日:

 戦後最悪の御嶽山の噴火災害の記事を読むたび、思い出す人がいる。1991年6月の大火砕流や土石流で43人の犠牲者を出した雲仙・普賢岳の噴火の際、災害復旧の最前線で陣頭指揮した当時の島原市長、鐘ケ江管一さん(83)だ。今、“ヒゲの市長”が思うことは――。

「紅葉シーズンの土曜日、さらに昼食時で登山客が最も頂上付近に集まりやすい時間帯の噴火という不幸な原因が重なりました。しかし、2週間前から急に火山性地震が頻発してたんですから、『火口周辺規制』の警戒レベル2が発令されてたら、恐らく死傷者は1人も出なかったでしょう」

 長崎県は島原港フェリーターミナルに近い自宅で会った鐘ケ江元市長、こう言って顔を曇らせた。

「確かに噴火は現代科学の最先端知識をもってしても、予知は難しいと思います。ただ、警戒を呼びかける情報提供は早め早めの周知徹底が大原則。仮に実際に被害が出なかったにしても、現場の人たちは“空振りだった”と非難してはいけません。“今回は運が良かった”と次回に備えるべきなんです。研究者や情報提供を判断する人が萎縮して、後手後手の対応になってしまう。それが大惨事の引き金になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る