雲仙・普賢岳で指揮 元島原市長・鐘ケ江管一氏に聞く「噴火」

公開日:  更新日:

 戦後最悪の御嶽山の噴火災害の記事を読むたび、思い出す人がいる。1991年6月の大火砕流や土石流で43人の犠牲者を出した雲仙・普賢岳の噴火の際、災害復旧の最前線で陣頭指揮した当時の島原市長、鐘ケ江管一さん(83)だ。今、“ヒゲの市長”が思うことは――。

「紅葉シーズンの土曜日、さらに昼食時で登山客が最も頂上付近に集まりやすい時間帯の噴火という不幸な原因が重なりました。しかし、2週間前から急に火山性地震が頻発してたんですから、『火口周辺規制』の警戒レベル2が発令されてたら、恐らく死傷者は1人も出なかったでしょう」

 長崎県は島原港フェリーターミナルに近い自宅で会った鐘ケ江元市長、こう言って顔を曇らせた。

「確かに噴火は現代科学の最先端知識をもってしても、予知は難しいと思います。ただ、警戒を呼びかける情報提供は早め早めの周知徹底が大原則。仮に実際に被害が出なかったにしても、現場の人たちは“空振りだった”と非難してはいけません。“今回は運が良かった”と次回に備えるべきなんです。研究者や情報提供を判断する人が萎縮して、後手後手の対応になってしまう。それが大惨事の引き金になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る