御嶽山の悲劇はまた起きる…47活火山「7割」に避難計画なし

公開日:  更新日:

 多数の犠牲者が出た御嶽山噴火。日本は110の活火山がひしめく火山大国だが、対策は“後進国”だ。

 政府は09年に24時間監視する47の活火山を選定した。そのうち、入山規制や避難開始時期、対象地域、避難先、経路・手段など具体的な避難計画を策定しているのは15火山。たった3割だ。

 それも火山周辺の関係市町村がすべて、計画を策定しているのは7火山にすぎない。御嶽山も関係4市町村のうち、策定していたのは岐阜・高山市だけだった。

「火山が県をまたがっていると、どの自治体が主導するかで足並みが揃わないことがままあるんです」(霞が関関係者)

 伊豆大島のように「避難計画マニュアルは200ページを超える」(大島町防災対策室担当者)ところもあれば、大雪山や栗駒山のように、関係市町村で火山防災協議会も設置せず、どの地域が危ないかというハザードマップも作成せず、避難計画も策定していないところが、7火山もある。温度差がありすぎるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る